断捨離で見えてきた本当の自分

中々家事が進まない事にイライラする日々が続いていたのですが、ある時掃除機をかけようとすると、物が邪魔になって思うようにはかどらなかったのです。いちいち床の物をどけては掃除機をかけ、又再び元に戻すの繰り返しだったのですが、生活感丸出しの我が家は何となく落ち着かず、これでは疲れも取れないなあという事で断捨離を始めてみました。

最初に取り掛かったのはキッチンだったのですが、所狭しと調味料やらキッチングッズやらが散乱している状態で、いつも料理を作ると言うよりもキッチンに立つ事自体が苦痛になっていました。

そこでしばらく使っていないグッズや賞味期限が切れてそのままだった調味料などを、思い切って処分し始めました。こんなに不要な物が溢れていたんだと情けなくもなったのですが、やり始めると今度は楽しくなり、気が付けばかなりスッキリしたキッチンになりました。

またその後は服が溢れて扉が閉まらなかったクローゼットの断捨離に取り掛かったのですが、一年間着ていなかった服を思い切って処分してみたところ、本当に自分が好きな服だけが残ったのです。

スカスカになったクローゼットはかなり風通しも良くなり、さらにこの服にはこんなパンツが合いそうだから次に買う時の参考にしようと言う感じで、本当の自分らしさが見えてきました。必要なものだけの暮らしは心もスッキリして落ち着きます。